CORRUPTION

by HARD GU.W-C.I

/
  • Streaming + Download

    Includes unlimited streaming via the free Bandcamp app, plus high-quality download in MP3, FLAC and more.

      $5 USD  or more

     

1.
2.
3.
4.

about

trackmakers: pilgrim a.k.a. Hizuru,depress,CYNBE,

credits

released February 10, 2008

tags

license

all rights reserved

about

HARD GU.W-C.I Japan

contact / help

Contact HARD GU.W-C.I

Streaming and
Download help

Track Name: トミノの天国
姉は血を吐く、妹は火吐く、可愛いトミノは宝玉を吐く
ひとり地獄に落ちゆくトミノ、地獄くらやみ花も無き

君もトミノの虜?眩暈に頭痛、吐き気、ほら貸して、用法容量はきちんと守って
姉妹のハモリで、僕、子守で天国に引きこもり
ドモリは生まれつきションボリ、可愛いトミノのひとり旅
(アッアッ)気持ちいい、腫れ物に触れる瞳
時折、飛び降りで星取り、遠い遠い大通り
雲の上のドミノ倒しに夢中のトミノ、僕は放送禁止用語、(ピーガー)あああ、耳が

ブサイクにモザイク、イライラ、待って、うん、そうだ、君がヒーローだ
金曜から土曜の午後か、御用だ御用だ、コヨーテは叫んだ
天国は本当にあったんだ、末端神経もマダンテ
だんだん手も痺れて、心は息切れ、死期綺麗
トミノは萌えキャラ、「・・・信じて」、歌詞書きのガキの禁じ手
新人類は瀕死で、旧人類は信じねぇ
死ね死ね死ね、短い手、夢描いてる書き手かじかんで
今日は東へ行った旅人は餓死です
これはお菓子です、おかしいです、滞るレスはあの世で
妹恋しと声かぎり、混じりっ気ナシのバツ一
待つ日、末日に知る真実、天国は地獄、等身大の同意
もし君がトミノだったら?ああ、可愛い

暗い暗い天国、君は一体何を望む、トミノシンドローム、奥の洞窟
知性携えた動物、豆腐の角に頭ぶつけ死ぬ
狐牡丹の花が咲く、確実に息を引き取ります
白痴、ツーツー、電話の相手は爆死で安楽死
ああ、恥ずかしい、イク逝く19、シクシク泣くくらいなら旅支度
叩けや叩きやれ、あんたもね、アネモネ、ゴタクアレコレ、漢字のハネトメ
可愛いトミノ、ああトミノ、富と名声もいらない、君がいい
キリがいい快楽殺人、行き先にお逝き、耳元への吐息、トミノは僕と同一人物
一緒に明日ポイする、統一、事実
天国の吉日、私情を挟まぬ死相、人造心臓、甘き死よ、今トミノに
姉はS、僕もS、SEX、DEATHです、眼にや涙、また明日
可愛いトミノ、僕の踊り子

姉は血を吐く、妹は火吐く、可愛いトミノは宝玉を吐く
ひとり地獄に落ちゆくトミノ、地獄くらやみ花も無き

※トミノの天国(原典「トミノの地獄」 『西條八十詩集「砂金」』より)
Track Name: Tribal Conflict [Vocal Mix]
二律背反、退廃と快感、脳信号媒介に夢幻(むげん)の時を徘徊する
日出る国、Hizuru Beatに、恐怖、怒り、嫉妬が自分を陣取り
ひとりなのにふたり、隣の君はいつしか僕を裏切り、うらめしい
概念の旅路、提案・定義・申し出・計画・命題・見解・イメージ
人生のテーマとか馬鹿馬鹿しい話、図らずともここで生き
出会いと別れ、近くて離れてるアガペ、もうひとりの補完の物語
ものぐさに物書き、涙流し、痛みの先にまた痛みの繰り返し
罵りはいつも側に居る、そして何もいいこともなく死ぬる悩み
生まれ出る喜び、ドクドク流し込むトーク、ほどくROCK、LOCK、鍵穴の奥
インダストリアルな韻出すことに意味がある、僕らは意味の真意を知らずに居る
名作を描くのではない、テーマのないテーマパーク、メリーゴーランド
無人で過ごす悠久の時系列、切れて死んでる操り人形のヘッズ
君は今日も遺書を書き下ろす、休まない奴の作品にだけこもる熱がある
R18のバッツ、文化的習慣は鎖に変わる、ころがったネジはひどく抽象的
風と木の詩と人の詞、水と油、僕らはひとつになれず恥じることを知れ
垂れ流しの文学にもなれる思い込みの成れの果て
果て果て果て果て果て果て果て果て・・・で果てる

風俗風習、ジェンダー、混沌とした世の中だがそれがいい
単純化と類型化、推定された結果にたやすく踊らされる
なにかしらの虜の踊り子、ポリゴン、トリコロール、タブレット型のタブロイド思考
抑圧され苦しみながら真の道を探すのが美しいのか
何不自由なく平坦に日々を暮らすのが美しいのか
雑学で飾る脳のインテリアとマテリアル、論理学における排中律
ヴァイブスのリビドーでビートを犯すのを笑いながら僕らは動かされ笑われる
頭が割れる、我々は何も知らず生き、その意味を忘却する
Track Name: 物語の先に見る物語
こんにちは、ありがとう、そしてさようなら、今日もまたひとつの物語が過ぎ去り、また明日
僕にとっての毎日が君らにとっては永遠か、輪廻転生とは違うエンドロールからリセット
行けども行けどもハッピーエンドの先を僕たちは知らない
日は沈もうとも眠らない、HAVE A NICE DAY、君ありての幸福も物語によって阻まれ
かつてに新鮮味は薄れていく、0と1、次元の不一致
すごく当たり前でありきたりすぎる時間の流れの中で
夢見心地のままで、先のない物語を夢見る、世界はこんなにも嘘で満ちている
でも人はその嘘にしがみつく、すがる、地図の果ては空白
僕と君とでップラスになることはない、が一緒に笑う
元気で居ろよと伝えられる、それが人間のできる精一杯だった
この世界とは何の関係もない、そんな寂しい世界だったわけじゃない
だからここから見た景色を、君と物語をここで語り継ごう
消えてしまわぬように、一緒に生きてる

子供より大人のほうが弱い、ここにあるものを信じられず、悩みわずらい
トランプ遊びのようにマイナスをプラスに変える道徳を持ち合わせてはおらず
壮大な終わりの果てに新たな始まりはこない
いつしかのエンディングは幕を下ろし、目覚めることなく君は涙も出ない慟哭に叫ぶ声は遠のく
目に映る色は原色、最後の光の中で君は輝く
愛別離苦、悲歌慷慨、愛しく笑う君はもういない
ハッピーエンドの先に幸せはないのかもしれない、誰も知らない、言葉にならない
ひとりでは生きることもできず死ぬこともできず、誰かに会いたい、空はずっと続いていく
物語の続きを口ずさみながら
「生まれてくれて、ありがとう」